ソフトウェア開発, WEBシステム開発の株式会社スウィフト
トップページへ戻る
業務紹介
Webサイト制作
システム開発
SEO対策
空白
空白
トップページへ戻る Q&A 人材募集 サイトマップ
会社概要 業務紹介 実績一覧 料金システム 素材ダウンロード お問い合わせ
 
  SEO対策

当社の行う検索上位表示維持監視サービスは
yahoo,googleなどの検索エンジンにおいて、偶発的に上位ランクに表示されることを目指してご提供するサービスです。


ビジネス収益を求めるサイトが集客することに寄与出来るか否かは、そのサイトが検索エンジンに投入されたキーワードにより偶発的に上位に検索されるか否かに左右されます。そこで上位にランクされ、かつ上位に維持されるよう対策を施します。該当するワード検索により上位に表示されても、時が過ぎいつしか下位に落ちてしまったのではその集客効果は当初の努力が水泡に帰してしまいます。そこで上位に表示されているか否かを常に監視し、必要な手立てを実施するものが弊社の検索上位表示維持監視サービスです。

  1. 上位表示の料金は?スタンダードプラン
              30,000円~
    プロフェッショナルプラン
               50,000円~
    >>さらに詳しく

  2. 検索エンジンのシェア日本の検索エンジンシシェアとyahoo,googleエンジの攻略>>さらに詳しく

  3. yahoo!サイト登録最強のSEO対策はyahoo!JAPANカテゴリー登録です>>さらに詳しく

  4. Jエントリー登録ライブドア TBSなどの大手ディレクトリに一括登録されます。>>さらに詳しく

  5. Xレコメンド登録Excite、GOO、BIGLOBE、@niftyなどの大手ディレクトリに一括登録されます。>>さらに詳しく

  6. Jword登録主要検索サイトに目立つJマーク表示され、名詞の権利を独占できます>>さらに詳しく

▲TOPへ

01 検索エンジン上位表示サービスの料金は?

検索エンジン上位表示維持監視サービスの料金表
サービス名 料金 内容
Standard
スタンダード
30,000円~
/3ヶ月
(サイトのボリュームによりお見積り致します)
3ケ月毎に検索エンジンでの上位表示状況を監視し、必要な上位表示対策を実施致します。その中で行われるアクセス解析ログから吐き出される技術情報を平易な言葉で分かりやすく解説を加え、さらに監視結果によるご提案を加えたサポート報告書を3ヶ月毎にお送り致します。

○サイトのアクセス解析概要
○集客を目指す主要キーワードによる各検索エンジンでの表示順位実績の推移
○サイト訪問者が投入する検索キーワード順位の推移
○注力キーワード対策の状況報告
○最多訪問ページなど各ページのアクセス推移
○サイト訪問者の利用する検索エンジンシェア推移
○サイトを利用するユーザー数の推移
○被リンク数対策の推移
○google-analytics分析結果と推移
○上位表示対策へのホームページ内対応
○キャンペーン実績分析(企画がある場合)
Professional
プロフェッショナル
50,000円~
/月
(サイトのボリュームによりお見積り致します)
毎月、検索エンジンでの上位表示状況を監視し、必要な上位表示対策を実施致します。その中で行われるアクセス解析ログから吐き出される技術情報を弊社独自のノウハウで解析し、平易な言葉で分かりやすく解説します。さらに監視結果により判明した傾向から読み取った事象に対するご提案を加えてサポート報告書を毎月お送り致します。

○サイトのアクセス解析概要
○集客を目指す主要キーワードによる各検索エンジンでの表示順位実績の推移
○サイト訪問者が投入する検索キーワード順位の推移
○注力キーワード対策の状況報告
○最多訪問ページなど各ページのアクセス推移
○サイト訪問者の利用する検索エンジンシェア推移
○サイトを利用するユーザー数の推移
○被リンク数対策の推移
○google-analytics分析結果と推移
○上位表示対策へのホームページ内対応
○キャンペーン実績分析(企画がある場合)

▲TOPへ

04 日本の検索エンジンのシェアとは?

検索エンジンのシェアはサイトの増加、キーワードなど各種要素により日々変化しています。世界的にはGoogle(グーグル)のシェアは圧倒的強さを持っていますが、この日本の場合、Yahoo(ヤフー)が最大手であり、2番目がGoogle(グーグル)、そして第3位がBING(マイクロソフト)です。

検索エンジンシェア(自社サイトでの調査) yahoo60% Google25% Bing10% その他5%

Yahoo、Google、Bingの三大検索エンジンは それぞれが表示順位を決定するアルゴリズム、考え方は異なりますので、検索エンジンごとにその対応は当然のことながら異なってきます。


同じキーワードでも、Yahoo、Google、BINGで検索して、その順位を調べてみますとその表示順位には大分違いがあることが多々あったはずです。


当社ではSEO(検索エンジン最適化)はアクセス数の向上=ビジネス収益の拡大と位置づけておりますので、お客様のご要望により、Yahoo、Google、BINGの三大検索エンジンに対するSEOをご提供させていただきます。


SEO実施後は、その効果をきちんと測定することと、適時に監視することとが最も重要です。なぜなら、検索エンジンのアルゴリズムは日々変化していますので、突然、検索結果ページの1ページ以内に表示されていても順位から消えてしまうことがあるからです。消えた際は社内で懸命に検索エンジンのアルゴリズムを研究・解析し、その対応を図ります。

・検索エンジン攻略

SEO対応のお客様には、いわゆるP(plan)・D(Do)・S(See)・A(Action)を明示したサイトレポートをご提供し、お客様のビジネスにお役立ていただきたく考えております。お客様はインターネットを通じて自社に対する顧客ニーズを把握することもできます。

・Yahoo検索エンジン攻略

国内の検索エンジンを攻略するにはYahoo(YST)対策が最重要な課題です。検索エンジンからの集客増を考える場合、60%近くのシェアをもっているといわれていますYahoo (YST)は無視しては検索エンジン対策を語ることは不可能です。

◇Yahoo(YST)の特徴は?

Yahooは、YST(ヤフーサーチエンジンテクノロジー)という検索エンジンを採用しております。 その特徴は、「オーソリティサイト」、「ハブサイト」という概念を元にしたアルゴリズムを採用している点で、2005年10月には大幅改定が実施されました。

オーソリティサイトとは、あるテーマに対して詳しく、専門家(=オーソリティ)としての機能を果たしているサイトを指し、ハブサイトとは、オーソリティサイトを案内する機能が高いサイトを指します。この2つのサイトの概念をアルゴリズムに取り入れている点がYahoo(YST)の特徴です。

◇Yahoo対策への取り組みは?

Yahoo(YST)対策への取り組みは、日本において検索エンジンのシェアが高いことを考慮にいれ、サイト制作においても企画段階からYahooへの最適化も意識して、検索エンジン対策機能を組み込んで制作いたしております。

さらに、2005年10月の大幅改定後、上記のYahooの特徴と踏まえ、ご希望するお客様には自社サイトをYahooサイト(ビジネスエキスプレス)に登録することをお勧めし、サイト登録代行も承っております。

・Google検索エンジン攻略

日本においてはYahooについで、20%から25%程度のシェアをもっており、そのシェアは年々増加しています。 Yahooが強い検索エンジン市場を保有する日本ですが、世界的に見れば、Googleが圧倒的シェアを持ち非常に強い利用者層を誇っています。キーワード検索の品質、情報の更新性、他の検索エンジンの追随を許さない高いレベルの技術と豊富な機能を保有している。

◇Googleの特徴は?

Googleの大きな特徴は、「リンクポピュラリティ」という概念です。 Googleは従来の検索エンジンのアルゴリズムを超えた新しい検索エンジンの概念を打ち出してその登場しました。 そのサイトが「外部サイトからどれだけリンクを張られているか?」ということをリンクによる人気度と見なし、それを検索アルゴリズムに採用しています。

これらGoogleのアルゴリズムを研究されるにつれ、リンクの質を重視する傾向が高まっています。さらに今日、トラフィックや更新頻度などの外部リンク以外の要因を採用しつつあると言われている。

◇Google対策への取り組みは?

SEO(検索エンジン最適化)というサービス業務はGoogleの出現により発生した。日本にGoogleが登場して間もない2002年からSEOサービスの研究をはじめ、それ以来、数多くのサイト構築に携わりながらSEO経験をもとに、Googlの動向を研究し、ビジネス収益に繋がりや結果が出るSEOサービスに取り組んでおります。

YahooのみならずGoogle対策への取り組みは、日本において検索エンジンのシェアがますます高くなることを考慮にいれ、サイト制作においても企画段階からYahoo+Googleへの最適化も意識して、検索エンジン対策機能を組み込んで制作いたしております。

・Bing検索エンジン攻略

Bingはマイクロソフト(microsoft)が提供する検索サービスです。 検索シェアはYahoo、Googleについで、10%弱程度のシェアを有しています。 量販店等で販売されるパソコンは、マイクロソフトが提供する無償の Web ブラウザ、Internet Explorerのスタート画面がBINGになっているケースが多い。

◇BINGの特徴は?

BINGはBINGが提供していますが、やがてyahooが次期検索エンジンとして提供する日が近い。 YahooやGoogleに比較してアルゴリズムとして固有の特徴が少ないと考えております。 したがって極めて分かりやすいアルゴリズムです。 YahooやGoogleに比較して、サイトを巡回している巡回ロボットの働きにより、新規サイトへの反映も早く、 効果が現れるのが早いという特徴があります。

◇BING対策への取り組みは?

当社では、Yahoo、Google、BINGでの表示順位などの状況を随時把握、かつ研究しております。 日本において検索エンジンのシェアがますます高くなることを考慮にいれ、サイト制作においても企画段階からYahoo+Google+BINGへの最適化も意識して、検索エンジン対策機能を組み込んで制作しております。

05 Yahoo! JAPAN 登録

最強のSEO対策はyahoo!JAPANカテゴリー登録です。

Yahoo!JAPANのサイト登録とは、Yahoo! JAPANのスタッフが、内容を確認して登録可否を判断したサイトが掲載されものです。登録されたサイトは、Yahoo!カテゴリに登録サイトとして掲載されるほか、Yahoo!検索で「登録サイト」を対象に検索したときの検索結果にも、検索キーワードに応じて表示されます。


Yahoo!JAPANへの登録審査料は52、500円から。(初期費用のみで永久的に登録されます)


弊社ではお客様に代わって、Yahoo! JAPANへの申請手続きも行います。

06 Jエントリー登録

ライブドア TBSなどの大手ディレクトリに一括登録されます。

Jリスティングが提供する国内の大手ポータルサイトのディレクトリーに、お客様のウェブサイトを登録するための有料審査サービスです。審査結果、Jリスティングがパートナーシップを結んでいるすべてのポータルサイト「livedoor」「fresheye」「MARSFLAG」「TBS」「GYAO」「au one」「MARS FLAG」などに、お客様のウェブサイトの情報を検索結果として表示させることが可能となります。


Jリスティングへの登録審査料は42,000円から(初期費用のみで永久的に登録されます)


弊社ではお客様に代わって、Jリスティングに申請手続きも行います。

07 Xレコメンド登録

Excite、GOO、BIGLOBE、@niftyなどの大手ディレクトリに一括登録されます。

㈱クロスリスティングが提供するディレクトリサービスに登録し、提携する複数の大手ポータルサイトの※ディレクトリに、サイトを一括掲載する為の登録審査サービスです。


※ ディレクトリとは・・・サイトを内容ごとにカテゴリ分けした厳選サイト集のことを指します。


審査の結果、「excite」「GOO」「BIGLOBE」「@nifty」「OCN」」「ODN」「ZAQ」「so-net」「Hi-ho」などにお客様のWEBサイトの情報を検索結果として表示させることが可能となります。


Xレコメンドへの登録審査料は42,000円から。(初期費用のみで永久的に登録されます)


弊社ではお客様に代わって、Xレコメンド登録に申請手続きも行います。

08 Jword登録

主要検索サイトに目立つJマーク表示され、固有名詞の権利を独占できます

JWord(日本語キーワード) Jwordとは、アドレスバーから日本語で簡単に検索できるサービスです。


Yahoo,BINGなど検索結果ページ上部に先着順で1キーワード1社のみの独占表示されます。JWordは年間6万3000円(レギュラーキーワードの場合)からご登録可能なので、他のインターネット広告や検索エンジン対策に比較すると非常に低価格です。また検索エンジン広告は1クリック?円という従量課金制が多い中、定額制のため予算が組みやすいというメリットがあります。


レギュラーキーワードは、会社名(店舗名)、自社商品名、サイト名など自社が所有している固有名詞のキーワードをご登録いただくサービスです。


例)キヤノン、金子商店、山田工務店、セルシオ、mixi、2ちゃんねる

※セルシオなどの固有商品名・サービス名は、製品のメーカーのみがご購入いただけます。


プレミアキーワードは、業種、販売商品・サービスのジャンル、地域やそれに関連する言葉など、一般名詞のキーワードをご登録いただくサービスです。


例) 旅行、結婚、インターネット、金融、住宅、マンション、カメラ、派遣


弊社ではお客様に代わって、Jwordに申請手続きも行います。

 
  問い合わせはこちら